ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2014.09.30 Tuesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.11.11 Monday

【オーダースーツ大阪】刺し色に使えるナロータイ

おはようございます。

今朝はちょっと寒い朝になりました。
日中も気温が上がらないとのことで寒い1日になりそうですね...

つい先日まで暑かったように思いますが...



さて、今回ご紹介したいのは女性のお客様のためにご用意させていただいたウールのナロータイ。




本来はジャケットなどに使う柔らかいウール素材なのですが、それを敢えて胸元のワンポイントにナロータイとしてご利用いただきます。



レディースのネクタイって既製品ではなかなか販売されておらず、
かと言ってメンズのネクタイを着用すると長過ぎます...


そこで長さを計算しながらオリジナルのサイズで製作させて頂いております。
巾も生地の柄を壊してしまわない範囲で細く仕上げてみました。



ブラウンを基調に明るいオレンジが使われているので胸元のオシャレに大活躍しそうですね!




2013.10.14 Monday

【オーダースーツ大阪】日本の伝統芸能を堪能

こんにちは。

本日は定休日のはずですが、来店を希望されるお客様が数組あるため夕方だけ店を開けております。

3連休はどのようにお過ごしでしょうか?
私は昨日、難波の松竹座にて公演されている片岡愛之助さん主演の

「十月花形歌舞伎」

を鑑賞してきました。



夜の部ということで演目は「大阪浪花鑑(おおさかなにわかがみ)」



ドラマ「半沢直樹」のおねえキャラでさらに人気に火のついた片岡さん主演とあって
ご年配の方はもちろん、若い世代のかたもちらほら見られ大盛況!


歌舞伎を鑑賞するのは初めてで、耳がなれるまでは日本語を話しているのか?と思うくらいに聞き取り辛く...

しかし、ガイドを聞いたりすると大筋のストーリーが判り場面場面での人間模様や人間の心理がとても判り易く表現されており、

後半の山場などはとても見応えのある内容でした。


生の演奏はもちろん、現代のミュージカルにも負けないくらい大道具にも凝っていて驚きの連続です。


驚きと言えば、3階席に座っていたのですが、
近くに座っていた紳士が突然大きな声で

「三河屋!」とか「松島屋!」とか叫ぶんです。

何事かと思って帰ってから調べていたら...


なるほど、そういうことなんですね。


詳しい事は是非ご自身の目で歌舞伎を鑑賞し客席の雰囲気も味わって頂いて調べてみて下さい!




思わず私も言ってみたくなりました(笑)



日本の伝統芸能、文化に触れる機会というのもとても大切ですね。





2013.10.08 Tuesday

【オーダースーツ大阪】今週末から『ロミオとジュリエット』

おはようございます。

台風が接近してくると言う事で午後から天気が心配な今日明日ですね。
全国各地、何事もないことを願うばかりです。

皆様も十分にご注意くださいね!


さて、今週末は3連休♪
と言う方も多いのではないでしょうか?


その今週末から梅田にある梅田芸術劇場において名作

『ロミオとジュリエット』のミュージカルが公開されます!
※主演:城田優さん(Wキャスト)


その公演に、弊店が今春に東京で開催した受注会にマネージャーさんと一緒に足を運んで下さった俳優のHさんが出演されています!


私も今週の日曜日に鑑賞に行く予定ですが、チケットを取ろうと思ってびっくり!
公演期間中の席がほとんど埋まっているのです。

特にA席とB席はほぼ完売状態!
※1回か2回分だけまだ空きがあったように思います


特にその俳優Hさんが出演される公演のA席B席は完売!


と言う事でS席でじっくり鑑賞させていただくことにしました。



ご興味ございましたら是非足を運んでみて下さい。





2013.07.04 Thursday

【オーダースーツ大阪】英国旅行記〜湖水地方〜

おはようございます。


今日は早朝から親しくさせて頂いている経営者の皆様と本町の喫茶店にてモーニング。
昔ながらの喫茶店で趣があってなかなか素敵な店内、トーストも超厚切りで美味でございました♪


さて、昨日に引き続き6月末に行ってまいりました英国出張?旅行?の続編をご紹介。


本日は湖水地方です。

現地では「Lake District」と呼ばれます(直訳ですね!)


コッツウォルズから車で約4時間の長距離移動になります。

M6と言うフリーウェイをひたすら北上!


広大の丘の真ん中を一直線に走る道路ですので道路脇には羊や牛、馬などが放牧されていてとてものどかな景色が広がります。


そんなのどかさとは逆にフリーウェイはみんな結構なスピードで飛ばします!!!
時速150km/hくらいはでてるかな...


途中、サービスエリアで休憩がてらに昼食をテイクアウト。

買ってきたのは英国名物?のフィッシュ&チップス


ものすごい大きさの白身魚のフライに太めのフライドポテト。
ご覧の通り雑な盛り付けですが、お味の方もなんとも雑な感じ...
けっして美味しいとは言えませんね。


昼食に胸焼けしながらも車を走らせる事3時間、ようやく途中の街リバプールへ寄り道!

リバプールと言えばビートルズが誕生した街として有名ですが、私のお目当てはここ↓


世界トップクラスのサッカープレミアリーグ、リバプールの本拠地アンフィールドです!!!

私もサッカーが好きでリバプールのレプリカユニフォームを持っているのですが、時間があれば是非とも立ち寄りたかった場所なんです!

念願叶ってご満悦☆


寄り道した分、先を急いですぐに湖水地方へ向けて再出発!


そこからさらに2時間くらい走ったでしょうか...


ようやく湖水地方の看板を目にすることができました。
そして湖水地方の玄関口、ウィンダミア湖のほとりへ到着!


そこで目にした光景は...



新緑の山々と透き通る水面に白いボート...
この時間は既に夕日でその日差しが水面に映って本当に美しかった。


静かで本当に美しい光景です。


さて、私がその夜泊まるホテルはカントリーハウスと呼ばれ前夜のマナーハウスと同等のホテルで、元々は貴族の邸宅だったものをホテルとして使っている場所です。

そのホテルまではウィンダミア湖からさらに1時間程北上した先にあるアルスウォーターという湖のほとりにあります。


そこまでの道のりでいろいろあったことは置いといて...


道中の道は国立公園に指定されている絶景です!



一面に緑の丘が広がり、その中を細く曲がりくねった道が延々と続くのです。

写真の石垣が万里の頂上のように続きますがこの石垣は土地の境界線として作られたものだそうです。

ご覧のように羊が道路に溢れ出しています...


見渡す限りこのような光景で本当に感動します!


こんな道をひた走りアルスウォーターへ辿り着くとすぐにあるはずのホテルが...

ない...


地図上では湖の一番南側に位置するはずなのに...ない

そう、ホテルまで行く道がないのです...


ぐるぐるぐるぐる走り回ったあげく地元の方に尋ねると、湖をぐるっと一周しないと辿り着けないとか...(しかも一周30分くらいかかる)


苦労してようやく到着したホテルがこれ


シャローベイ。
門の向こうに見えているのは1つの離れ。
ちょうど私が泊まったのはこの離れでした。本館はまた別に...

離れとは言っても中の様子は英国のアンティーク家具で埋め尽くされたとても豪華な作り。


2部屋あるのですがちょうど撮影している場所がベッドルームで写っているのがリビング?
右奥には暖炉もあります。

ピンクを基調にしているのでどちらかと言うと女性向けかもしれませんが、壁紙のクロスも日本ではなかなかお目に掛かれん無い代物でした。

バスルームのタイルまで同じピンクと白のストライプで統一されていましたよ!


さてこのホテルのすごいのは本館。



食事はこんな壁中に絵画の掛けられた素敵なお部屋で窓辺に湖水と山々を眺めながら食事ができます。

ちょうど私が宿泊した夜、別の部屋で貴族?と思われる一行がパーティーをしていました。
みなさんドレスアップしてとても素敵でした。

そのパーティーに使われていた会場がこちら。


とても素敵な部屋でしょ!?
グリーンの壁紙とオーク材の家具の色調がバッチリ。床の赤い絨毯も素敵です。


今回の英国旅行では「一流に触れる(体感する)」と言う事を1つのテーマにしていましたが、ここは本当に凄かった。

このホテルのスイートルームにあたるへやがガーデンルームと言う名前で存在し、パンフレットで見る限りとてつもない部屋ですよ...


次回はガーデンルームに泊まりたい!


まだまだお見せしたい写真が沢山ありますが、長くなりすぎるのでこのへんで...


イギリスに行かれるなら必ず湖水地方に行ってみて下さい。
そして観光地化されたウィンダミア湖よりもさらに奥に足を伸ばして下さい。

素晴らしい光景を目にすることができますよ!


最後に湖畔から撮影したお気に入りの1枚を



週末はカントリサイドでボートに乗ったる、釣りを楽しんだりしてみたいものですね♪




2013.07.03 Wednesday

【オーダースーツ大阪】英国旅行記〜コッツウォルズ編〜

おはようございます。

梅雨らしくシトシトと雨降る朝ですね。
蒸し暑くてうっとおしい気候ですがこのブログを見て少しでも明るい気分になっていただければ幸いです♪


さて、昨日に引き続き先週の英国旅行について紹介したいと思います。


2日目は、ロンドン市内でレンタカーを借りてコッツウォルズへ向かいました。

レンタカーのショップ(AVIS)を見つけるのに一苦労したんですけど、そこは省略...


最寄り駅からAVISまでの道中はとても素敵な街♪



そして今回の相棒はこちら


プジョー307
プジョーってフランス車でヨーロッパでは一般的な大衆車です。
ちょっと昔の日本のカローラみたいな存在。


さて、AVISを出発しロンドン市内を抜けようと走り出す...
ところがロンドン市内の道路は交通量が多い上に一方通行やカーブが多く慣れるまで苦しみぐるぐると想定外の方向に進んでいました...

ようやくテムズ川を越えて交通量の少ない閑静な街にでます。


その先にあるのがKEWガーデンと言う大きな植物園(一応、庭だそうです)

ここには英国のイングリッシュガーデンはもちろん世界中の植物が集められていてなかなか見応えがあります。


現地の方々はこういう場所に来て大きな芝生の広場にシートを広げてピクニックをするのが一般的だそうです。

この日は寒かったのですがそれでもやってましたよ。


さて、KEWガーデンを出発していざコッツウォルズへ!
日本で言う高速道路のようなフリーウェイをひたすら走ります。


少々迷いながらも約2時間で目的地へ☆


着いた先で目にしたのはハチミツ色をした石造りの小さな家が並ぶ小さな村。


家の前にはイングリッシュガーデンが広がります。

どの家も本当に美しい。。。


ちゃんと各家には人が住んでるんですよ!
入居するには厳しい審査があるそうです。

この家の向かいには綺麗な川が流れ白鳥やカルガモなどが悠然と泳いでいます。



さて、ここからさらに車を走らせる事20分、今夜のお宿に到着。

雑誌などにもよく掲載されているマナーハウスの中でも人気のローズオブマナー!


イギリスではライオンの紋章が多く、王室関係、貴族関係の場所にはたいていライオンのエンブレムが使われています。



もともと、貴族の邸宅だった場所を改装してホテルにしてあります。
素敵な建物に加え、大きな池まである広大な庭が広がります...

本当に美しい。


内部はといいますと...


大きな窓にセンスの良い英国家具がずらりと配置されています。
※これは部屋ではなくラウンジ

天井が高く、暖炉もあってとても素敵です。


ホテルの周辺は村の中でも一際静かで小鳥のさえずりが心地よく響き渡る最高のロケーションです。

スタッフに日本人の方はいませんが、みなさんとても親切なので安心です。

私はイタリア出身と言うソムリエのおじさんと一番よく話したかな。
向こうも英語が母国語ではないので非常に判り易い英語なんです。


長々と書いてしまいましたが、最後にホテル周辺の写真を一枚アップして終わりにしたいと思います。


今回の旅の写真の中でもかなりお気に入りの一枚です。

青い空と大木の深い緑のコントラストが美しい...


ゆったりとした時間の中で感性を磨くにはとても良い場所でした。


皆さんも機会があれば是非足を運んでみて下さい。
※バスツアーもあるそうです



2013.07.02 Tuesday

【オーダースーツ大阪】英国旅行記〜RoyalAscotMeeting編〜

おはようございます。

昨夜は英国での写真の整理に追われて夜更かししてしまいました...
が、その甲斐あってブログにアップできる写真のチョイスも完了!

と言う事で、是非ご覧頂ければと思います。



今回は私の新婚旅行だった訳ですが、行き先が英国とあって一流の環境に身を置くこともテーマの一つに掲げて行ってまいりました。


1週間の旅をいっきにご紹介するのはあまりにも無理があるので順番に。



まずは初日。
ヒースロー空港に到着したのは正午過ぎ、空港で着替えてタクシーで30分、RoyalAscotMeetingを見学に行きました。

午前中から始まっていたため既に会場には紳士淑女が大集合。馬車も走っています。





会場は3タイプのシートに分かれていて、カジュアルなシート、スマートフォーマルと行ってダークスーツにネクタイの着用が求められるシート、そして最高クラスはモーニングにシルクハット。


私は中級のスマートフォーマルのシートへ。
この席でも女性は帽子の着用が義務づけられています。
私も知りませんでしたが、蝶ネクタイはNGのようです!

パドックは豪華絢爛、日本ではお目に掛かれない光景が広がっていました。


皆さんが注目するパドックではレースの表彰式が!
そこに登場したのは...



美しい帽子とお洋服をお召しになったエリザベス女王!
グリーンのコートはロイヤルアスコットスタッフの伝統的な制服。

周辺におられる方々はきっと貴族や馬主ならびにその関係者の方々なんでしょうね。
気品高く一流と呼ぶに相応しい方々だったように思います。



こちらがコース際。
日本の競馬場に行った事がないので判りませんが、ここは建物の際に階段式の立ち見席が並び、そこから先は一面綺麗な芝生に覆われています。


この日は小雨が降ったり止んだり、6月とは思えない寒い気候で「This is London」と言う感じ。


来年以降、RoyalAscotMeetingに行ってみたいと思われている方へ参考になればと思います。

1、服装
男性:スーツ&ネクタイは必須。日本では派手だと思うくらいでちょうど良いかと...
最高ランクのシートに行きたい方はモーニングとシルクハットが必須ですのでご注意を。

女性:思いっきりドレスアップを楽しんで下さい。他に使い道がないかもしれませんが素敵な帽子も必須ですよ。荷物を気にしない方なら日本人らしく着物で行かれると良いでしょう。


2、アクセス
駐車場はたくさんあるので車で行くのが一番ラクだと思います。但し、帰り道の渋滞は必須だそうです。ロンドン市内からだとウルスウォーターと言う駅からアスコット駅まで乗り換えなしで行けます。(所要時間1時間)
アスコット駅から会場までは歩いて10分程度。帰りはかなり混みます...


3、荷物
クロークがあるので大きな荷物も預けられます。私達も空港から直接だったので大型のトランクケースを持っていましたがスタッフの方がちゃんと案内してくれました。

4、食事
中にバーやカフェがいくつもあります。しかし、どこも大混雑。
天気がよければオープンテラスでアフタヌーンティーを楽しみたいところ。


5、シート
3タイプのシートがありますが、どうせ行くならせめて真ん中のシートをオススメしたいところ。カジュアルシートはどこにでもいるお祭り騒ぎの若造がいるものです...


2日目以降の記録もまたご紹介したいと思います。





2013.06.09 Sunday

【オーダースーツ大阪】花園は最高の雰囲気

おはようございます。

昨日は大阪の花園ラグビー場にて
ラグビーの日本代表VSウェールズの試合がありましたので私も観戦に行ってきました!


ウェールズと言えば英国(GreatBritain)の南西部に位置する地域で、ラグビー発祥の地とも言われる地域です。

世界ランキングは日本が15位なのに対してウェールズは5位!
まさに世界トップレベルの強豪チームなのです。


そんなトップレベルの試合を花園で見れる機会もそうそうないと思い、ウェールズがどんなにすごいのかを生で見ようと会場に駆けつけました♪


花園ラグビー場には何度も行った事がありましたが、昨日ほどたくさんの人で溢れ返っているのを見たのは初めてです!


会場の外からすごい人!熱気!!!


お昼まで仕事をしていたため到着が少し遅れたのですが、メインスタンドの自由席(と言ってもS席のすぐ隣♪)から観戦!


なんと意外にも日本のリードで前半を折り返すことに!

まわりも
「今日はすごいことになるかも!」なんて盛り上がりソワソワしています♪



後半になるとウェールズのトライで逆転、さらにトライを決められ点差を付けられます...
さすが、これがトップチームの強さなのかと感じさせられました。


このままずるずると点差を付けられるのかと思って観ていると!

なんとなんとトライを奪い返し、キックも決めて2点差に♪



この時は私も周りの観客も総立ちでバンザイ!!!


この試合、一番の盛り上がりを見せました。


結果的には少し点差が開いてしまいましたが、終盤に見せ場を作りしっかりトライに繋げてくれた日本代表に興奮させられましたね☆

そして何より、ラグビーの試合でこれだけの人が集まりこれだけ盛り上がるんだということに衝撃を受けました!!!


これは2019年のラグビーW杯日本開催、盛り上がりそうな予感です。


みなさんも機会があればぜひラグビーを生で観戦してみてください♪



ちなみに、皆さんから
「高木さんもラグビーやってたんでしょ?」
って聞かれますが...

「野球しかやってません(笑)初めてラグビーしたその日に怪我してそれ以来...(笑)」



2013.06.07 Friday

【オーダースーツ大阪】昨夜はパーティーだったのですが...

こんにちは。

今日もバタバタしてたらこんな時間...


しばしゆっくり座ってブログの更新を。


昨夜のことですが、神戸北野で行われたパーティーに出席させて頂きました。

初めての出席、しかも連れがいない状態での参加でしたので右も左も判らず...
しかも、司会進行も特になく...


そこで勇気を振り絞って近くにいた紳士(自分の父くらいの年齢の方)に尋ねました。

「どうしたらいいんでしょ!?」笑



そしたら、「飲んで食べないと損するよ♪」
なんて言いながら周りの方と楽しそうに談笑されていました。


そこで私も緊張しながらも皆さんとお話させて頂き、徐々にペースを掴み始めたのです(笑)


皆さん、ご年配の方が多く参加者の中で私が一番若かったと思います。


話をしていくうちに、若造の私が珍しかったのでしょうか、
「あの人に挨拶したか!?」
なんて言っていろんな方をご紹介いただき楽しくお話することが出来ました♪


そうそう、なんのパーティーかと言うと、

「英国のエリザベス女王の誕生日パーティー」なのです!



しかし、まったくそんな雰囲気はなく、ただただ皆さんおいしい食事とお酒を口にしながらお喋りを楽しんでおられる訳です♪


たくさんの紳士淑女に可愛がっていただき....


最後には会場に飾られていた装花を

「お嫁さんのために持ってかえってあげなさい!」

なんて言って頂き...


結局、神戸の三宮から自宅までタキシードに蝶ネクタイつけて花束抱えて帰ることになってしまいました!笑


もう、恥ずかしいとかそういう感情は捨てて堂々と済ました顔して電車乗りましたよ♪


見かけた方、怪しい者ではございませんので...



2013.06.06 Thursday

【オーダースーツ大阪】今夜はパーティーです♪

おはようございます。

ここ数カ月、休みなしに働いてきた影響かちょっと風邪気味の店主高木です。。。


とは言え、熱もありませんので気合で今週も乗り切りたいと思っております!



わたくし、関西日英協会という会に属しております。
そして今夜は協会が主催するイギリスのエリザベス女王の誕生パーティーが神戸外国人倶楽部(北野)にて開催されるため出席してきます。



今月末に1週間、イギリスに行く予定もあるためイギリスに精通している方々からいろいろと情報をいただければと思っています。



毎年開催されるパーティーですが、私にとっては初参加ですのでどんな様子なのかとても楽しみなのです♪


また明日のブログで報告できればと思います!



それでは本日もよろしくお願いいたします。


AlberoAlto公式HP

2013.06.05 Wednesday

【オーダースーツ大阪】W杯出場は嬉しいのですが。。。

おはようございます。


昨夜はみなさんサッカー日本代表のW杯出場に盛り上がっておられたのでしょうか?

私は仕事で帰りが遅くなったので試合後のニュースでダイジェストを観ていました。



出場決定と言うのは本当にうれしいことですし、14年のW杯本番が今から楽しみで仕方ありません♪




がしかし、、、

昨夜の同点弾のきっかけとなるPKを犯してしまったオーストラリアの選手(名前は判りませんが)



辛いだろうな〜
PKの笛が吹かれた時の表情が映し出されていましたが、見てられないような表情でした。。。

オーストラリアはただでさえ出場圏内に入れていない状況なのでメディアからのバッシングもすごいんだろうなと想像してしまいます。。。


まだ若そうだったし、重いものを背負って今後を戦わないといけないんでしょうね。



オーストラリアも出場を決めれば彼も今回の重荷から解放されるのでしょうが。。。



と、日本代表のこと以上にオーストラリアの選手のことが気になった私。



W杯本戦では日本代表にはもっとすっきりした形で勝ってほしいですね!



今月はコンフェデ杯も楽しみですね♪


AlberoAlto公式HP

Powered by
30days Album
PR